お金の本質   索引  

                    

 第4回 お金の歴史 1 ── 商品貨幣から鋳造貨幣へ
            (世界戦略情報「みち」平成20年(2668)6月15日第274号)

 お金は、物々交換に代って、交換を媒介するものとして誕生した。
 それは、人々が暮らしのなかで利便性を追求していくうちに、自然発生的に生まれたものであった。
 誰にでも役立ち、誰もが欲しがる品物がお金の役割を果たすようになった。
 原始社会では通常、共同体内で生産される食物や家畜などの食糧がお金として用いられた。
 この種のお金を「商品貨幣」と専門家は呼んでいる。
 それには米や小麦、塩、油、布、皮、牛、羊などが使われた。
 しかし、これらの商品貨幣は自然の産物であるため、時間の経過とともに品質が悪くなるという短所がある。
 また、牛のように巨大な塊をお金に使う場合、これを細分化して決済することは困難であり、少額の取引には不向きとなる。
 このように、商品貨幣には劣化しやすく分割しにくい欠点があった。
 商品貨幣の次に登場したのは「貝殻貨幣」と呼ばれるお金であった。
 食糧の確保のみに奔走する状態から脱した共同体では、食糧以外の品物がお金の役割を担った。
 貝殻や珍しい石などである。貝殻で作った首飾りや腕輪、ガラス玉などは希少価値があり、人気があった。
 だが、希少性に基づくがゆえに十分な数量がなく、モノの交換機能を十分に発揮しないという問題があった。
 さらに、数少ない交換の媒介物を巡って競争が促進される弊害もあった。
 通常、商品貨幣の方が貝殻貨幣より価値が大きかったこともあり、貝殻貨幣が商品貨幣に完全に取って代わることはなかった。
 やがて鉱山の発掘技術と金属を精錬する技術が発達すると、金属の価値が高く評価されるようになった。
 金属の塊=インゴットの価値は元来、重量で決定された。その後、鋳造した商人が一定量の重さを示す刻印を押すようになり、その数字を数えさえすればよくなった。
 手軽に持ち運びできる利点もあり、金属は事実上、最初の機能的なお金となった。これを「金属貨幣」という。
 いわゆる青銅器時代には、鉄、銅、錫、青銅や金などが交易路や港を往来する商人の間で取引された。
 これらの金属貨幣は金属そのものがお金として使われたため、取引のたびに重さを量ったり純度を調べたりしなければならず、手間がかかった。
 お金に使用される金属に不純物が混ざっているのではないか、という疑いと不安は拭えなかったのである。
 さて、社会規模が拡大するにつれ、権力が国家というかたちで制度として分化・独立する。
 他方、規模が拡大した社会の内外で、規範化された贈答に代わって市場交換や売買による財の流通が拡大する。
 大規模かつ広範な財の流通が慣習化・制度化していくには、権威や権力による支持と保護および交換の当事者相互が信頼を置ける権威性を帯びた交換手段が必要となる。
 また、市場の拡大、交換手段の流通には、権力制度の分化・独立に伴って確立する税制において、いかなる支払手段(財あるいは貨幣)を受け入れるのかも大いに関係している。
 これらの要請に応ずるとともに、金属貨幣が抱える先述の問題を解決すべく生まれたのが「鋳造貨幣」、いわゆるコインである。
 コインには純度と重量を保証する刻印が押された。
 信用があった貴族や国王など時の権力者がお墨付きを与えることによって、人々は安心してコインを受け入れることができた。
 コインは溶かして作り直せば小さな単位に小分けできるので、少額の品物の取引が可能となるメリットもある。
 鋳造貨幣の登場は、お金の決済手段としての機能に格段の進化をもたらすこととなった。
 また、お金の単位が測定可能となり一定になったことは、価値尺度としての機能が大幅に強化されることを意味している。
 さらに、金属貨幣と鋳造貨幣は、お金に革命的な新しい機能を付加することになった。
 それは価値貯蔵手段である。
 金属はお金としてのみならず、それ自体に価値があるうえ、腐ったり使い物にならなくなることはない。
 自然界に存在する物質は時間の経過とともに劣化する。
 穀物や野菜、魚や肉といった食料品は保存が効かず、すぐ劣化してしまう。貝殻も使用し続けているうちに摩耗して、やがて当初の価値を維持することが困難となる。
 一方、金属の場合は、劣化が非常にゆっくりと進行するため、長期間お金として使うことができる。
 特に金は熱、湿気、酸素などほとんどの化学的腐食に対して非常に強い。
 自分のもつ品物を交換する相手方を見つけるまでの時間的余裕だけでなく、物理的・心理的な余裕もできる。
 一時的なつなぎ決済手段として鋳造貨幣を用いるのであれば、これほど便利なものはない。