アッシリア文明史論  
                
 
皇紀2671年
(平成23年)

 みち351号(平成23年12月15日) ★最終回 歴代詔勅集の霊言
 みち350号(平成23年12月01日) 45 神格万世一系の透徹史観
 みち349号(平成23年11月15日) 44 法を弄び法に朽ちる社会
 みち348号(平成23年11月01日) 43 オスマン帝国の興隆と衰亡
 みち347号(平成23年10月15日) 42 教皇権力と十字軍
 みち346号(平成23年10月01日) 41 東ローマ帝国の興亡と一神教
 みち345号(平成23年09月15日) 40 西ローマ帝国崩壊の仕儀
 みち344号(平成23年09月01日) 39 ローマ史の中のヨーロッパ
 みち343号(平成23年08月01日) 38 ユリウス暦とキリスト紀元
 みち342号(平成23年07月15日) 37 ローマ史の宿痾と不連続線
 みち341号(平成23年07月01日) 36 「霊骨一元論」の行方
 みち340号(平成23年06月15日) 35 「霊肉二元論」と「霊骨一元論」
 みち339号(平成23年06月01日) 34 旧約・新約・条約の位相
 みち338号(平成23年05月15日) 33 津波被災を透徹する
 みち337号(平成23年05月01日) 32 旧約書房と新約書房の市場操作
 みち336号(平成23年04月15日) 31 ローマ史の中のユダヤ
 みち335号(平成23年04月01日) 30 ローマ暦に潜む間抜けな思想
 みち334号(平成23年03月15日) 29 暦における天照と月読の役割
 みち333号(平成23年03月01日) 28 暦を弄んだローマの陥穽
 みち332号(平成23年02月15日) 27 ローマに付き纏うフェニキア
 みち331号(平成23年02月01日) 26 神武なき文明の限界
 みち330号(平成23年01月15日) 25 皇紀暦制定の文明史的意義
 

皇紀2670年
(平成22年)
 

 みち329号(平成22年12月15日) 24 古事記の真髄 ── 天体論と霊言論
 みち328号(平成22年12月01日) 23 「天神の命」=銀河系エネルギー
 みち327号(平成22年11月15日) 22 霊言五〇音字エネルギー図解
 みち326号(平成22年11月01日) 21 霊言五〇音字と大八嶋國
 みち325号(平成22年10月15日) 20 霊言一七音と神名一七柱
 みち324号(平成22年10月01日) 19 霊言ふることふみ解説
 みち323号(平成22年09月15日) 18 オリエント第二世代の様相
 みち322号(平成22年09月01日) 17 万世一系を貫く本義とは何か
 みち321号(平成22年08月01日) 16 皇紀元年前後の世界事象
 みち320号(平成22年07月15日) 15 「ツラン」とは神を仰ぐ意志なり
 みち319号(平成22年07月01日) 14 ヒッタイトすなわちツラン
 みち318号(平成22年06月15日) 13 エジプト ── 神々の乱心の現実
 みち317号(平成22年06月01日) 12 アテン一神教は妥協の産物だった
 みち316号(平成22年05月15日) 11 女系因子相続と一神教の関係
 みち315号(平成22年05月01日) 10 神格に挑む人格一神教の出現
 みち314号(平成22年04月15日)  9 古代エジプトのノモスと都市
 みち313号(平成22年04月01日)  8 新都アケトアテンの建設
 みち312号(平成22年03月15日)  7 エジプト新王国期の突然変異
 みち311号(平成22年03月01日)  6 先史文明のロードマップ
 みち310号(平成22年02月15日)  5 海の民と神話「トロイの木馬」
 みち309号(平成22年02月01日)  4 異民族ヒクソスとフルリ人
 みち308号(平成22年01月15日)  3 アッシリア・メソポタミヤ先史
 

皇紀2669年
(平成21年)
 

 みち307号(平成21年12月15日)  2 紀元前四〇〇〇〜二〇〇〇年
 みち306号(平成21年12月01日)  1 自然気象と文明の飽和状態

   ★ 連載開始 みち306号(平成21年12月01日)